緑茶をつかった美白ケア

日々の食卓で良く飲む機会がある緑茶、毎日何気なく飲んでいる飲み物ですが実は美容にとても効果的であることをご存知でしょうか。



そんな緑茶は美白効果がとても期待できる成分がたっぷり含まれています。

そんな緑茶をつかった美容方法をご紹介します。



美白の敵であるシミやくすみの原因はお肌で生成されたメラニン色素というものです。



このメラニン色素は肌が紫外線などでダメージを受けると発生する活性酸素というものが原因で作られます。

お茶に多く含まれているカテキンという成分はこの活性酸素の発生を抑える役割があるのです。
またカテキンと同様に豊富に含まれているビタミンCにはすでにできてしまったメラニン色素を薄くする効果があります。

この緑茶を使って、肌ケアをすることで美白に有効な成分が肌に直接働き、美白効果が期待できるのです。



まずは洗顔に使ってみましょう。
やり方はとても簡単。出がらしのお茶を用意して水で2〜3倍に薄め、普通の洗顔の後この水で洗い流してみてください。



注意する点は一番茶は刺激が強くなってしまうので、必ず出がらしを使うことがポイントです。
洗い流した後は水で流さず、マッサージをして肌になじませるとさらに血行が良くなり美肌効果が期待できますよ。

また出がらしの茶葉をティーバッグなどに入れてお風呂の入浴剤として使っても全身の美肌ケアと緑茶の香りのリラックス効果が期待できます。



飲むだけではなく肌ケアにもぜひ有効活用しましょう。

関連リンク

日本人に身近な緑茶エキスの美白パワー

日本人が日常、親しんでいる発酵させていない茶葉、つまり緑茶には浸食子酸エピガロカテキンが含まれています。これは、非常に強力な抗酸化物質で紫外線により増えるとされているフリーラジカルの中でも特に毒性の強い活性酸素を消去してくれるのです。...

more

緑茶が美白に効くかもと言われる理由

日本人は昔から誰に教えられたわけでもなく緑茶を飲んでいるという方が多いことでしょう。緑茶には抗酸化作用等の様々な効能があると言われていて、それを飲む日本人は健康な方が多いことから注目されています。...

more