緑茶が美白に効くかもと言われる理由

日本人は昔から誰に教えられたわけでもなく緑茶を飲んでいるという方が多いことでしょう。

緑茶には抗酸化作用等の様々な効能があると言われていて、それを飲む日本人は健康な方が多いことから注目されています。
緑茶にはカテキン・ビタミンCに代表されるビタミン類・テアニン・サポニンといった成分が含まれ、それによってガン予防や風邪予防、肥満防止などに有効だと言われていますが、美白効果についても期待されています。



成分の中でもビタミンCはメラニン色素の生成を抑えるので、シミの予防になり美白につながります。

また、カテキンは飲むことによって体内から取り入れることはもちろん、肌につけることによって殺菌作用・抗炎症作用も期待できることからニキビで悩む方には嬉しい効能です。

ニキビを克服して美白につながるお手伝いをしてくれるわけです。



カテキンは、体内の調子を整えることにも効果が期待でき、腸内の悪玉菌の殺菌作用により善玉菌を優勢にしてくれて、糖質の吸収も抑えてくれるので、便秘改善や食べた物を吸収しにくくすることで太りにくくしてくれます。腸内環境がいいということは結果美肌につながります。



また、お茶の旨味成分であるテアニンには、リラックス作用があるのでストレスの軽減が期待できます。



ストレスはお肌の大敵です。
このストレスが無くなれば、肌の調子もよくなってきます。



このように、内側・外側からキレイにしてくれる緑茶は、美容と健康の優秀なお助けアイテムなのです。



関連リンク

日本人に身近な緑茶エキスの美白パワー

日本人が日常、親しんでいる発酵させていない茶葉、つまり緑茶には浸食子酸エピガロカテキンが含まれています。これは、非常に強力な抗酸化物質で紫外線により増えるとされているフリーラジカルの中でも特に毒性の強い活性酸素を消去してくれるのです。...

more

緑茶には美白成分が豊富に含まれています

日本人には昔から親しまれている緑茶には美白成分が豊富に含まれている飲み物です。緑茶の中にはカテキンやポリフェノール、ビタミンCなど美白に作用する成分が含まれています。...

more